Sonosでターンテーブルのオーディオを聴く

この記事では、ターンテーブルをSonosに接続してアナログ盤を聴くために必要なものとその手順についてご説明します。

始める前に 

  • ライン入力ポート付きSonos製品が必要です。
    • Five
    • Amp
    • Port
    • Play:5 (Gen 1 & Gen 2)
    • Connect:Amp
    • Connect
  • ターンテーブルにPro-Ject T1 Phono SB Turntableなどのプリアンプが搭載されているかどうか確認してください。お持ちのターンテーブルにフォノプリアンプが搭載されていない場合は、ターンテーブルをフォノプリアンプに接続し、フォノプリアンプをSonosに接続する必要があります。


ターンテーブルをSonosに接続する

ターンテーブルをSonosに接続するには、RCAケーブルまたはRCA - 3.5mmケーブルが必要です。使用するケーブルとその接続方法は下記の通りです。


RCA

RCA - 3.5mm



FiveとPlay:5

RCA - 3.5 mmケーブルの1つのピンをFiveまたはPlay:5のライン入力ポートに接続し、2つに分かれたピンをターンテーブルまたはプリアンプの背面にあるL/Rオーディオ出力に接続します。お持ちのターンテーブルにRCAケーブルが搭載されている場合は、RCA - 3.5 mmアダプターが必要になります。




AmpとConnect:Amp

RCAケーブルの片側をターンテーブルまたはプリアンプに接続し、反対側をAmpまたはConnect:Ampの背面にあるINと表示されたRCA入力に接続します。




PortとConnect

RCAケーブルの片側をターンテーブルまたはプリアンプに接続し、反対側をPortまたはConnectの背面にあるINと表示されたRCA入力に接続します。




サウンドを楽しむ

  1. ターンテーブルでアナログ盤の再生を始めます。
  2. iOSまたはAndroidでSonosアプリを開きます。
  3. [ 参照]タブで、[ライン入力]をタップします。
  4. ライン入力ソースの名前を選択します。

アナログ盤を再生するとすぐにSonosシステムがライン入力モードに切り替わるよう、自動再生の設定をすることもできます。

お客様サポート

技術担当者がお電話やライブチャットでお客様をサポートします。他のSonosユーザーに質問したり、回答を検索できるSonosコミュニティもご利用ください。