対応していないオペレーティングシステムでSonosを使用する

この記事では、アプリ内メッセージに関する情報をご説明します。「このモバイル機器のOSはサポート対象外となりました。」

以下のいずれかのOSバージョンでSonosをご利用の場合、Sonosアプリはアップデートを受信しませんが、Sonosの一般的な機能の操作にはご利用いただけます。


Sonos S2アプリ

  • iOS 14および15
  • iPadOS 14および15
  • Android 7
  • Fire OS 6
  • Windows 7

Sonos S1アプリ

  • iOS 10および11
  • Android 5、6、7*
  • Fire OS 5および6


これより前のバージョンのOSをご利用の場合、そのデバイスではSonosを操作できなくなります。OSをアップデートするか、対応OSの別のデバイスをご利用ください。対応しているOSバージョンの一覧は、システム要件の記事をご覧ください。



デバイスのOSバージョンを確認する

下記のリンクでは、お使いのデバイスのOSバージョンを確認する方法と、デバイスが対応可能な場合にはSonosと互換性のあるバージョンにアップデートする方法についてご覧いただけます。




利用できない機能

この表では、上記の対応していないOSバージョンで動作しているSonos S1 Controllerで利用できない機能や設定をご覧いただけます。


設定メニュー

機能または設定

アカウント

アカウントのメールアドレスの変更

システム

製品

新しいSonosシステムの設定

製品の追加

サラウンドまたはSubの追加/削除

テレビの設定

WiFiの無効化

システム設定

AirPlayの設定

オーディオ圧縮

グループ

ミュージックライブラリの管理

メディアサーバー

ネットワーク設定

ペアレンタルコントロール

システムアップデート(S1からS2へのアップデートを含む)

システム所有者の変更

サービス

音声

Alexaデバイスの設定

Google アシスタントデバイスの設定

音声サービスの追加/削除

音楽&コンテンツ

音楽配信サービスの追加/削除

*Android 5および6用のSonos S1アプリは、Google Playストアでの取り扱いが終了しています。お使いのデバイスに既にダウンロードしているS1アプリは、今後もSonosでご利用いただけます。

お客様サポート

技術担当者がお電話やライブチャットでお客様をサポートします。他のSonosユーザーに質問したり、回答を検索できるSonosコミュニティもご利用ください。